| INDEX |

FlashCS3のUIコンポーネントは、デフォルトで通常のカーソルになっていて、いわゆる指カーソルになっていない。でも、ボタンだとか、指カーソルにしたいときだってある。「Button」の場合は、useHandCursor が false になっているので、これを true に変えればいい。

//btn:Buttonのインスタンス
btn.useHandCursor = true;

このノリで、「Slider」もいけるかと思って、同じことをしてみたが反応がない。というか、よく見ると目盛りの部分が指カーソルになってしまった。そんな簡単ではないのね…。
「Slider」全体ではダメなので、バーとハンドル?それぞれで指定すればよいかと、少し中を調べてみる。そうすると、「Slider」には子(DisplayObject)が2つあって、それぞれ fl.controls.BaseButton だった。これらがバーとハンドルっぽい。どちらも buttonMode が true だったので、後は useHandCursor を指定すればいいみたい。

//slider:Sliderのインスタンス
( slider.getChildAt(0) as BaseButton).useHandCursor =
( slider.getChildAt(1) as BaseButton).useHandCursor = true;

これで無事に指カーソルにすることができる。もっと簡単にできそうな印象はあるのだけど。

コメントは受け付けていません。

| INDEX |