| INDEX |

去年からTVシリーズのDVD発売や、日経エンタテイメントでの連載で、俄かにメディア露出度を増してきたボトムズ。
で、今月のバンダイ1/20スコープドックの発売で、個人的には最高潮なわけです。

1/20スコープドックについては、正直なところ入手してもつくる時間があまりとれないから、早々に買う必要はないだろうと思っていたのだけど、結局素で買ってしまいました。次回作はブルーティッシュドックが決定なようで、この先何機かキット化なりそうです。個人的にはトータスが好きなんですけどね。
まだまだランナーを見て楽しんでいる段階ですが、説明書にアストラギウス文字(ボトムズ界の文字)のアルファベット対応表がついているのがよいです。ソ連戦車のように手書きで殴り書きたい衝動に駆られます。ランナーラベルも、アストラギウス文字だと笑えるんだけど。笑えるだけだけど…

とは言え「タミヤ社が1/35で商品化」が一番の希望です。

1/20スコープドックの発売に合わせて、PS2のゲームも発表されています。キットの中に確り宣伝入っていました。しかしながら内容に期待が持てない…。サイトもかなり“もっさり”しています…。XBOXだったら、もう少し盛り上がれるのに。

前述したとおり、去年のDVDあたりからボトムズブランドを推してきています。ワンフェスでも作品が多かったようですし、旧キットの再販も進んでいます。同世代のロボットブランドが期待ほど振るっていない現状で、ボトムズにかかる期待は大きいのでしょうね。ガンダムと同様、作品の世界観に自己増殖性の素質があるようだし、地味ながらもそれなりの結果を出すのでしょう。

とは言え「タミヤ 1/35スコープドック降着姿勢」が一番の希望です。

コメントは受け付けていません。

| INDEX |